Menu

柔道整復師の学校は何で選ぶべきなのか 2017年6月4日

せっかく柔道整復師の学校へ行くのであれば、なるべく良い条件の学校を選びたいと思う方が多いでしょう。ですが良い条件のものがいいと思っているものの、何をもって良いと判断すればいいのかわかっていない方も多くいます。
まず柔道整復師の学校ごとに、どのような違いがあるのか把握します。学費やカリキュラム、合格率、卒業後の進路など、調べてみるとさまざまな違いがあることがわかります。問題は、それらの違いのどこに注目して選べばいいのかという点です。そこで最初に注目するべきポイントとなるのが、合格率でしょう。柔道整復師は国家資格となるため、国家試験に合格することでできる職業です。そのため試験に合格しなければ、学校へ行って勉強してきたことが無駄になってしまいます。そこで柔道整復師の学校を選ぶときには、どのくらいの合格率かという点に注目してみます。このとき、合格率が高ければいいわけではありません。合格率が高くても、もともと受験者数が少ないケースも見られます。そこで合格率だけではなく、何人が受験したのかという点にも注目しましょう。受験者数が多くて合格率が高い学校なら、自分も柔道整復師の試験に合格できる確率を上げることにつながります。

柔道整復師の学校は何で選ぶべきなのか へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

柔道整復師が行っている手技 2017年6月3日

柔道整復師とは、打撲や捻挫などの症状に対する治療を行う国家資格です。厚生労働省が認可して指定の学校を卒業し、国家試験を合格しなければなることはできません。病院などで働く他、整骨院などを開業することができます。マッサージなどのリラクゼーションを目的としたものではなく、あくまで治療なので健康保険が適用されます。
柔道整復師は、低周波や超音波といった機器を使った治療も行いますが、機器を一切使わず、手だけでの治療も行います。手だけの治療を手技と呼びます。患者さんの体に手をあてて、様々な刺激を与えることで自然治癒力を高め、治療していくというものです。
具体的な手技としては、もんだり、押したりといった刺激になります。ただもんでいるのではなく、患者さんの状態によって力の強弱をつけています。筋肉や血液の流れなどにいい刺激がいくと、機能の回復に役立ちます。そのため、機能が低下している部分に対しては弱めの力で刺激を行い、痛みなどの症状が出ている部位に対しては強めに行います。手技によって筋肉がゆるむので、関節が動きやすくなったり、痛みの緩和が期待できます。さすったり、叩くというのような手技もあり、状態によって選択されます。

柔道整復師が行っている手技 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

リバウンドのない根本改善で人気の柔道整復師の交通事故治療 2017年6月1日

整骨院や接骨院の中には、交通事故治療で人気の治療院があります。こうした交通事故専門の整骨院や接骨院では、柔道整復師の有資格者が後遺症の治療を中心として施術を行っています。
交通事故の後遺症でよく知られているのはむちうちです。むちうちは、事故の瞬間に追突などで受けた大きな衝撃で頸椎・腰椎といった骨格や骨盤などの関節にずれや歪みが生じることが原因の後遺症です。
骨格や関節のずれや歪みは、筋肉や靭帯を傷めて長引く首の痛みや腰痛を起こします。ずれや歪みが神経根を圧迫すると、坐骨神経痛やしびれが発現したり圧迫が自律神経にまで至るとさまざまな自律神経失調症が現れるむちうち症になるケースもあります。
こうした交通事故後の症状で単なるマッサージなどを受けると、その時は快適でもすぐに痛みがリバウンドすることがあります。これは症状の根本原因である骨格や関節のずれや歪みがそのままになっているためです。
交通事故治療で人気の整骨院や接骨院では、柔道整復師の先生が全身を丁寧に検査して痛みやしびれの本当の原因である骨格や関節のずれや歪みを探してそこに直接施術をして調整します。いろいろな後遺症の原因になっている骨格や関節のずれや歪みを取り除くので、治療後に症状がリバウンドしないのが人気のある整骨院・接骨院の柔道整復師の交通事故治療の特徴です。

リバウンドのない根本改善で人気の柔道整復師の交通事故治療 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類