Menu

柔道整復師と整形外科について 2017年5月29日

国家試験を受けることによって柔道整復師の資格を取ることができます。
この免許を取得すると整骨院や接骨院などで働くことができますが、資格があれば独立して開業することができます。どこかの整骨院などで働き経験を積んでから開業するというのが整骨院などを開業するための一般的な方法です。
柔道整復師は、骨、関節、筋、腱、靭帯などの箇所に発生する骨折や脱臼、打撲や捻挫、挫傷などを治療する仕事です。
独立開業する人もいますが、自分で開業するのではなく病院に勤めている柔道整復師もたくさんいます。
病院では、整形外科で働くことになります。整形外科では医師や理学療法士の指示に従って、リハビリや整復補助を行っていきます。
リハビリは、固くなっている患部を物理療法や手技療法によって改善していくことをいいます。
柔道整復師は、患部の固定や整復をするといった治療方法で損傷を治療していきますが、固定などを長期間行っていると関節部分などが固くなってしまいます。
それを元通りに動けるように助けるのがリハビリです。
病院で働く場合は、このリハビリを行う人が多かったのですが、近年では内科などの場所で働くケースも増えてきています。
他にもスポーツトレーナーや介護保険関連施設など様々な活躍の場があります。

柔道整復師と整形外科について へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

柔道整復師のお仕事について 2017年5月28日

よく間違われますが、カイロプラクティックや整体とは異なり柔道整復師は国家資格になります。
資格を取ることによって整骨院や接骨院などで働くことができるようになっています。
具体的なお仕事としては、骨や関節、筋、腱、靭帯などの箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫や挫傷などを治療します。
外科で行われる手術とは違って、手術をせずに治療する非観血的療法によって治していきます。
お仕事の特徴としては、柔道整復師は基本的に素手で治療していくということが挙げられます。投薬や手術ではなく、湿布や包帯、テーピングやマッサージを基本として、自然治癒力を発揮させることで治療していくという東洋医学の考え方で治療方法が成り立っています。
損傷が重症のため長期にわたって治療することが必要なケースやケガした場所に違和感や不快感があるケースなどがありますが、そんな時には全身を触診や視診を行って診断し、施術を行います。
しかし、骨折や脱臼は応急処置以外では、医師の同意で治療することが必要だとされています。
これらの方法は急に良くなるというわけではないため、柔道整復師に治療をお願いした場合には、患者がしっかり指導を良く聞いて守ることで治療の効果が出てきます。

柔道整復師のお仕事について へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

柔道整復師が行う施術の種類 2017年5月26日

柔道整復師は骨折をはじめ打撲や捻挫、脱臼や肉離れといった問題を解決するために施術を実行し整復法と固定法、後療法に分類されています。
整復法というのは脱臼してしまい、ずれている骨を直接的に伸ばしたり揉むことにより従来の様子に戻していきます。
患部に限らず、周りの様子を正しく理解しなければならないという注意点に則りながら慎重に施術します。
固定法においては骨折などに見舞われた患部にギブスなどを使用して固定化させた上で回復を目指します。
患者に応じて固定する方法や材料が異なるので、カウンセリングや状況判断が重要になります。
後療法に関しては患部をできるだけ早く完治させるために色々な刺激を与えながらアプローチしていくことです。
用いるものは多種多様であり水や熱、光や電気などのエネルギーで訴求し機能を正常化させて健康を取り戻していきます。
また、柔道整復師のハンドテクニックを十分に感じることができるものとして手技があり、主に手の平を使用して身体に対して施術することにより元来持ち合わせている自然治癒力を引き出していきます。
荒療治ではなく、治癒力を頼りにしていることから、施術を受ける側に対する負担が軽くなります。

柔道整復師が行う施術の種類 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

柔道整復師はレントゲンを撮影できません 2017年5月25日

レントゲンの撮影においては、診療放射線技師という国家資格資格を要するので、
いわゆる整体院、整骨院、接骨院では行うことができません。
柔道整復師の資格では、レントゲンを撮影することができません。
骨折してしまったかもしれない、また痛みのある場所があるという場合、骨の異常であったり、筋肉のコリなどをマッサージ、また電気を流す事で治療するという方法でアプローチができる施設ではありますが、まず怪我をしたりした場合、よりきちんと原因究明をするという場合には、整形外科でレントゲンを撮ってもらうなどの診察を受けてから、整骨院や整体での施術を受ける事をおすすめします。
もちろん慢性的な肩こりや腰痛など、撮影を行わなくても治療ができるような項目もありますし、
通う事で改善効果があるという場合にはそれでも良いのですが、原因を確定するという意味でも、まずはレントゲンを撮影するということが大事です。
接骨院、整骨院という名前で開業するためには柔道整復師という国家資格が必要となります。
高校卒業後に専門学校に通い、その後国家試験を受けて合格すれば、その資格を得ることができます。
いま整骨院や接骨院の需要も高まっていますし、とても注目されています。

柔道整復師はレントゲンを撮影できません へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

理学療法士と柔道整復師の違いが分かりますか 2017年5月24日

私たち誰もがいつ何時お世話になるかもしれない、理学療法士や柔道整復師について、あなたはどれくらいご存知でしょうか。整形外科などのいわゆる物理療法でお世話になるのが、理学療法士なのか柔道整復師なのかは、はっきり言って素人にはわからないものです。
柔道整復師は個人でも接骨院などを開業して、柔道整復術を行うことができます。柔道整復術というのは、骨折や脱臼・捻挫などに対し独特の手技によって整復や固定を行い、人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術のことです。柔道整復師は、試験を受けて認定を受ければ医師と理学療法士の指示・監督の下に、リハビリテーションの保険診療が可能になります。
理学療法士は、医師の指示がないといけないので個人で開業することはできません。脳卒中などの病気や加齢、事故などによる身体的機能障害の回復のために、運動療法や物理療法を行います。基本的動作能力の回復を図ることが、大きな目的です。作業療法士や言語療法士などと共にリハビリテーションに従事しています。病院のリハビリテーション室やリハビリテーション専門病院も増えてきました。
理学療法士と柔道整復師では、専門とする患者の状況に違いがありますが、どちらも国家資格です。

理学療法士と柔道整復師の違いが分かりますか へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

柔道整復師になるには、整形外科学などの臨床医学も含めた広汎な知識が必要 2017年5月23日

柔道整復師とは、骨、関節、筋肉等についての急性の骨折や脱臼、捻挫等の負傷に対して出血を伴わない非観血的手技により治療を行う国家視覚を有した専門家を意味します。具体的に柔道整復師の施術を紹介すれば、整復法、固定法、後療法の3種類の手技に分類できます。
整復法や固定法は、骨折や脱臼をおこした患部を正常な位置に戻し、正常な位置に固定して回復を待つ治療であるのに対して、後療法は損傷を起こした組織を回復させる治療を指します。このように柔道整復師の治療は、患部の固定や修復など適切な施術や治療を行わないと、ケガの治癒や機能の回復を見込むことが出来ないため、専門学校での柔道整復師養成課程では、整形外科学を含めた人体に関する広い知識の習得が必要とされ、国家試験では11科目の試験科目についての知識が問われます。
類似した資格として整体師を想起する人が少なくないでしょうが、実施する施術内容が根本的に異なるためいくつかの決定的な違いがあることを指摘できます。整体師は温熱療法や刺激療法などの医療類似行為を行うのに対し、柔道整復師は骨折や脱臼などの患部を正常位置に回復固定することで治癒や回復を目指す治療を行うため、整形外科での治療と同じく治療行為に該当するものとして公的医療保険が適用されます。このように負傷などの急性症状に治療を提供する国家資格であるため、民間資格である整体師と異なって公的保険が適用されています。

柔道整復師になるには、整形外科学などの臨床医学も含めた広汎な知識が必要 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

仕事の勤務時間内に柔道整復師の免許がある接骨院に行ってみた。 2017年5月22日

足が痛かったので仕事中でしたが勤務時間内に柔道整復師の免許を持っている有名な人気がある接骨院に行ってマッサージ等を受けに行って来た。
そこは人気があるので、結構人も多いのだが、柔道整復師の先生も腕がいいし、お話も上手なんで結構お気に入りでたまにいっているが、セールス関係の仕事をしているので、勤務中でもごまかして何回か来ているので、ありがたいことである。
歩きが多い仕事であるので足、腰が負担になることが多くたまに痛くなることがあるので助かります。
最近考えることは、「これから歳を取っていくので、向上をさせるのは無理でも現状維持でせめてなるように努力することに努めようと」
それには食べる物に気をつけないとイケないと考え実行しだしたことがある。それは野菜ジュースとサプリメントを毎日欠かさずに飲むことです、野菜の量をたくさん取りらいのはは皆さんが思っていることなんで、でも現実はそれができないのでありサプリメントは野菜の成分が摂取できるものであり、野菜ジュースと同じように毎日欠かさずに飲んでいます。
足、腰が痛くなるのは仕事上、しょうがないことなんで、接骨院での治療もこれからかかさずに続けて行き、健康維持に努めたいと考えています。

仕事の勤務時間内に柔道整復師の免許がある接骨院に行ってみた。 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類